温野菜と生野菜のメリットとデメリット

低カロリーなうえ栄養豊富な野菜は、美容や健康維持のために欠かすことが出来ない食材です。野菜は調理の仕方によってとれる栄養素も変わります。生で摂取することにより、栄養をたっぷり摂ることが出来るというわけではありません。

 

温野菜のメリットとデメリット
野菜を熱を加えて食べる温野菜のメリットは、かさを減らして一度に多くの野菜を食べることが出来る点です。野菜は熱を加えることで柔らかくなり、野菜本来が持っている味や香りが引き出されます。消化しやすく、冷えた身体を温めることが出来て、血行を良くすることもでいます。疲れているときや風邪を引いたときなどに食べることにより効果を期待する事がでいます。

 

デメリットですが、熱を加えることにより、ビタミンやミネラルが破壊してしまいます。すべてが失われてしまうというわけではありませんが、野菜スープにしたり、電子レンジを使ってゆでたりするなど工夫することで栄養を逃すことなく摂取することがでいます。炒める時に少量の酢を加えることにより、ビタミンCの破壊を抑えることもできます。熱を加えることにより、体内での栄養吸収をアップすることが出来る野菜もあります。

 

生野菜のメリットとデメリット
生野菜のメリットは、豊富なビタミンや食物繊維をそのまま体内に摂り入れることが出来るメリットがあります。特に体調の維持や新陳代謝、老化の牛には欠かすことができない、食物酵素は熱を加えることにより、死滅するので、美容やダイエットに関心のある人は、積極的に生野菜を摂取するようにしましょう。一度にたくさんの量を摂取するのは難しいですが、スムージーすることにより、効率よく摂取することがでいます。

 

生野菜のデメリットですが、食べ過ぎてしまうと冷えてしまうということです、水分やカリウムが含まれているトマト、きゅうり、すいかなどの水野菜とは異なり、サラダボール程度なら栄養はないといわれています。しかし、生野菜は、温野菜に比べると消化吸収に時間がかかってしまいます。胃腸が弱っているときに食べ過ぎてしまうことにより身体に負担をかけてしまうこともありますので注意しましょう。